2007年06月11日

オーディンスフィア グウェンドリン編(1)

オーディンスフィア先週買いました。聖剣伝説4のトラウマがある中、評判はすごぶる良いので購入。

オーディンスフィアとは世界を横から見たサイドビューのアクション画面で物語が進む。槍や剣といったキャラクターごとの武器を使い敵を倒していくが、それだけではなく、魔法やアイテム、装備品も重要な役割を果たす「アクションRPG」である。手描きタッチの絵本のような幻想的なグラフィックが特徴。「五つの災厄」によって滅びるという予言の残る地を舞台に、5人の主人公の物語が紡がれる。その名の通り、キャラクターや世界観は北欧神話を参考にしている。
↑『ウィキペディア(Wikipedia)』より。

北欧神話いいね。たまんないよね。これも買う要因の一つでした。

さっそくプレイしたがいろいろあって今は第一の物語「ワルキューレ」のグウェンドリン編3章まで終わりました。攻略本から抜粋したり思ったことをかいつまんでプレイ日記を。

簡単に言うと魔王オーダインの娘であるグウェンドリンが父親の寵愛を受けるのにがんばるって感じの話。1章しょっぱなでグウェンドリンの姉が妖精の国との結晶炉コルドロンを争う戦いの中いきなりの戦死。…重い。しかし父親である魔王は冷たい。

どーでもいいけどオーダインでかすぎると思う。笑

1章はチュートリアル。戦い自体は慣れれば何とか。アイテム作成がむずい。俺こういうの苦手です。しかもアイテム所有できる数が少なすぎる。そのうちバッグは手に入るらしいが。

てか1章のボスである暴竜べリアルめっちゃつえー。3回くらい死んだ。もうくそげーと判断してやめようと思った。。難易度をイージーにしてなんとか突破。回復手段があんまないよー。このべリアル君を倒したため、妖精国との戦いはひとまず魔王オーダイン側の勝利に終わり結晶炉をゲット。

しかし怪しい魔女によって結晶炉がとまってしまう。その理由をつきとめるためにグウェンドリンはその怪しい魔女を追うのでした。

で2章突入。

実は怪しい魔女は今は亡き魔法王国バレンタインの姫ベルベットだった。バレンタインという国もまた、オーダイン側にとっては敵国。よってグウェンドリンはそのベルベットと対決することになるって話。
ちなみにこのベルベットって子も主人公キャラの一人。こうゆう風に主人公同士が絡みあう話はおもしろい。ここからが楽しみ。

2章のダンジョンは森。なんともカラフルなステージ。てか毒くらいすぎ。回復しても回復しても毒食らうから途中からはもうシカトしてました。のらりくらり進んでボス戦。ボスは噂のベルベット。なんか魔法食らいまくって一回死ぬ。再チャレンジで防御できることを発見!近づいてはナパーム投げて、離れてはサイクロンして勝利。そんでイベント。

グウェンドリンがベルベットにとどめをさそう時にオーダイン出現。ベルベットの身分をあかした。なんとベルベットは、バレンタイン王国の王女であった母と敵対していたオーダインとの間にできた娘だったらしい。それが原因でベルベットはオーダインに対して、母を亡くしたことに恨みを持ち続けていたのだった。つまり二人は義姉妹ってこと。さらにベルベットはコルドロンを動かすには指輪が必要で、その指輪はワーグナーって竜の中にあるという。とまどうグウェンドリン。。。って感じで2章が終わる。

で3章。

なんかめんどくなってきた。笑
敵国との間に娘がいた魔王オーダインに対して、部下であるブリガンはひそかに謀反を起こそうとしていた。そのブリガン将軍はベルベッドとともに雪国へと向かう。しかし、ブリガン将軍の目的は別にあった。ベルベッドを竜がいるという場所で殺害し、ベルベットを王の娘だということを教えることだったのだとさ。そこにグウェンドリンは複雑な気持ちの中父親のためにベルベットを救出しに行くことに。

3章のダンジョンは雪山。お金に余裕があったので耐冷のペンダントを購入して突入。どうやらこれがないとやばいらしい。3章でイベント始まる前に他のダンジョンにもっかい入ってナパーム作成し、羊の肉を大量生産しといたので楽々進んだ。ボスのブリガンもさくっと倒してイベント。

グウェンドリンはベルベットを逃がし、同国のブリガン将軍の命を奪ったということで処罰をうける。眠りにつき、目覚めたときには行きずりの男のものとなるというもの。ワルキューレにとってこれはとても屈辱的なものらしい。しかしグウェンドリンは泣けるような台詞を言ってその意見を飲む。眠って3章終了。

ってかオーディンスフィアまじおもしれーーー。おすすめです。
さくさくは進められそうにはないけど地味にやってきます。PS2でここまでおもしろいゲームは久々だ。
posted by あにー。 at 03:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | オーディンスフィアプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: オーディンスフィア 2007年5月17日 2007年5月22日Price = 6
Weblog: ゲーム情報局
Tracked: 2007-07-28 20:35